Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 64」がリリース - 深刻な脆弱性などを修正

Mozilla Foundationは、「Firefox 64」「Firefox ESR 60.4」をリリースし、複数の脆弱性へ対応した。

今回のアップデートは、あわせて11件の脆弱性を解消したもの。メモリ処理における脆弱性「CVE-2018-12405」「CVE-2018-12406」に関しては、重要度を4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

さらに「バッファオーバーフロー」や「Use After Free」など、次に重要度が高い「高(High)」とされる脆弱性5件を修正。重要度「中(moderate)」の脆弱性3件や「低(Low)」の脆弱性1件についても対処した。

また「Firefox ESR 60.4」では、「CVE-2018-12405」を含む6件の脆弱性へ対応している。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2018-12407
CVE-2018-17466
CVE-2018-18492
CVE-2018-18493
CVE-2018-18494
CVE-2018-18495
CVE-2018-18496
CVE-2018-18497
CVE-2018-18498
CVE-2018-12406
CVE-2018-12405

(Security NEXT - 2018/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールセキュリティ製品「Cisco ESA」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
Oracle、四半期定例パッチで脆弱性284件を修正
オムロン製ツール「CX-Protocol」に脆弱性
WordPress向けスパム対策プラグインにXSSの脆弱性
Intel、Wi-FiソフトからDC向けまで幅広いアップデート
2019年最初のMS月例パッチ - 脆弱性49件を解消
「Adobe Digital Editions」に情報漏洩の脆弱性
「Adobe Connect」にセッショントークンが漏洩する脆弱性 - アップデートが公開
「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を
1月3日に「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートがリリース予定