Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療分野に特化したハッキングコンテスト - 脆弱性32件を発見

12月1日、2日に神戸デジタル・ラボ(KDL)が開催した医療用ソフトウェアのハッキングコンテストで、32件の脆弱性が発見された。深刻な脆弱性は見つからなかったという。

「医療セキュリティハッキングコンテスト2018」は、医療系のソフトウェアから脆弱性を探し出すコンテスト。医療系ソフトウェアにおけるセキュリティレベル向上や、セキュリティエンジニアの創出を目的に同社が開催している。

4回目の開催となる今回は、8チーム21人が参加。企業のセキュリティ担当者で結成されたチーム「PanaRICO」が優勝を果たした。

重要度が「重要」とされる脆弱性1件のほか、「警告(18件)」「注意(13件)」などあわせて32件の脆弱性が発見されたが、患者情報の流出やカルテの改ざん、業務停止などにつながるおそれのある深刻な脆弱性は見つからなかったという。

(Security NEXT - 2018/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
セキュリティの川柳や「あるある」競うコンテスト
車載ネットワークのハッキングコンテストで優勝 - イエラエ佐藤勝彦氏
SANS「NetWars」による学生向けCTF大会を開催 - NRIセキュア
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ゲームの脆弱性対策技術を競うコンテストがスタート