Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療分野に特化したハッキングコンテスト - 脆弱性32件を発見

12月1日、2日に神戸デジタル・ラボ(KDL)が開催した医療用ソフトウェアのハッキングコンテストで、32件の脆弱性が発見された。深刻な脆弱性は見つからなかったという。

「医療セキュリティハッキングコンテスト2018」は、医療系のソフトウェアから脆弱性を探し出すコンテスト。医療系ソフトウェアにおけるセキュリティレベル向上や、セキュリティエンジニアの創出を目的に同社が開催している。

4回目の開催となる今回は、8チーム21人が参加。企業のセキュリティ担当者で結成されたチーム「PanaRICO」が優勝を果たした。

重要度が「重要」とされる脆弱性1件のほか、「警告(18件)」「注意(13件)」などあわせて32件の脆弱性が発見されたが、患者情報の流出やカルテの改ざん、業務停止などにつながるおそれのある深刻な脆弱性は見つからなかったという。

(Security NEXT - 2018/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
SECCON 2019決勝、今週末に開催 - 講演などイベント盛り沢山
「Trend Micro CTF 2019」 - ポーランドチームが優勝
「SECCON CTF 2019」のオンライン予選、まもなく開催
専門学生向けにコンテスト開催、課題は「WAF」導入 - MBSD
学生向けCTFコンテストを11月に都内で開催 - NRIセキュア
啓発動画のコンテスト、再生回数や評価でも評価 - トレンド
CODE BLUE 2019の基調講演者が決定 - 講演はシングルトラックに
「SECCON CTF 2019」の開催日程が明らかに
「CODE BLUE 2019」が10月下旬に開催 - 論文募集やチケット販売が開始