Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校教員が個人情報写り込んだ画像をインスタ投稿 - 港区

東京都港区立小学校の教職員が、個人情報が写り込んだ画像を、誤って画像投稿のSNSサービス「Instagram」で公開していたことがわかった。

同区によれば、7月19日に教職員が職員室内の自席で給食の画像を撮影。同日勤務終了後にInstagramに投稿したが、机上にあった登下校誘導員の名簿が一部写り込んでいたという。

問題の写真には、登下校誘導員1人の自宅電話番号、および住所と携帯電話番号の一部にくわえ、もう1人に関しても氏名が含まれていた。Instagramアカウントに閲覧制限は設定しておらず、不特定多数が閲覧できる状態だったという。

11月26日、東京都教育庁から同区教育委員会へ連絡があり、問題が判明。同校では投稿された写真の削除を指示するとともに、対象の登下校誘導員に謝罪した。

(Security NEXT - 2018/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むUSBメモリを紛失、判明は1月 - 宇城市
統計調査員の個人情報含む研修名簿を紛失 - 大阪市
イベント申込者情報をサイト上で公開 - 宮崎県立図書館
特定健診の名簿紛失で職員を処分 - 五島市
退勤直後の深夜コンビニで児童情報など盗難被害 - 京丹後市
卒業生の個人情報含む名簿を紛失 - 同志社大学政法会
名簿など保育園情報含むUSBメモリが所在不明 - 瀬戸内市
特定健診受診推奨名簿が所在不明 - 五島市
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会