Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コンテナ管理の「Kubernetes」に深刻な脆弱性

コンテナ管理に用いるオープンソースのフレームワーク「Kubernetes」に深刻な脆弱性が含まれていることが明らかとなった。アップデートがリリースされている。

同ソフトウェアのAPIサーバにおいて、認証をバイパスして権限の昇格が可能となる脆弱性「CVE-2018-1002105」が明らかとなったもの。

細工したリクエストによりAPIサーバへ接続し、管理者権限のもとバックエンドで動作するクラスタの操作が可能になるという。

開発チームは、脆弱性を修正した「同1.12.3」「同1.11.5」「同1.10.11」をリリース。早急に最新版へアップデートするよう推奨している。また今後公開予定の「同1.13.0」に関しても修正済みだとしている。

(Security NEXT - 2018/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
CMSの「SHIRASAGI」にオープンリダイレクトの脆弱性
法人向け「ウイルスバスター」狙う攻撃が複数発生 - 設定無効化のおそれ
「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートよりコマンド実行のおそれ
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
GPSトラッカー約30機種に脆弱性 - 位置情報流出や不正操作のおそれ