Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コンテナ管理の「Kubernetes」に深刻な脆弱性

コンテナ管理に用いるオープンソースのフレームワーク「Kubernetes」に深刻な脆弱性が含まれていることが明らかとなった。アップデートがリリースされている。

同ソフトウェアのAPIサーバにおいて、認証をバイパスして権限の昇格が可能となる脆弱性「CVE-2018-1002105」が明らかとなったもの。

細工したリクエストによりAPIサーバへ接続し、管理者権限のもとバックエンドで動作するクラスタの操作が可能になるという。

開発チームは、脆弱性を修正した「同1.12.3」「同1.11.5」「同1.10.11」をリリース。早急に最新版へアップデートするよう推奨している。また今後公開予定の「同1.13.0」に関しても修正済みだとしている。

(Security NEXT - 2018/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Citrix ADC」の更新、1月下旬に順次公開 - 米政府がチェックツール公開
「phpMyAdmin」にSQLiの脆弱性 - アップデートが公開
脆弱な「Citrix ADC」の探索行為が観測される - 高まる悪用リスク
Juniperがアップデートを公開 - 複数製品に深刻な脆弱性
「Firefox」に深刻な脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 今年2度目の更新
「F-RevoCRM」にXSSの脆弱性 - アップデートで修正
複数製品「SSL VPN機能」を狙う攻撃が発生 - 悪用コード公開で
Pulse Secureの既知VPN脆弱性、ランサムウェアの標的に
CiscoのDC向けインフラ管理製品に深刻な脆弱性
Google、脆弱性に対処した「Chrome 79.0.3945.117」をリリース