Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、オフィス入退室や業務端末の認証にマイナンバーカード

オフィス入退室や業務端末の認証でマイナンバーカードを利用するにあたり、NTTコミュニケーションズでは総務大臣より告示を受けた。

民間企業が、マイナンバーカードのICチップの空き領域にアプリケーションを搭載し、事務でマイナンバーカードを活用する場合、マイナンバー法施行令の規定に基づいて、事務の実施者と事務内容について総務大臣より告示を受ける必要がある。

今回の告示では、同社を事務の実施者とし、同社オフィスへの入退室の管理と、同社が保有する設備や機器を使用する際の認証に関する事務を、マイナンバー活用の対象事務として定めた。

これにより同社は、現在社員証で行っているオフィスへの入退室や、業務端末、複合機における認証をマイナンバーカードで行うことが可能になる。

まず本社ビルで利用を開始し、順次ほかのオフィスビルへ拡大する予定。

20181129_nc_001.jpg
NTTコムによるマイナンバーカードの利用イメージ

(Security NEXT - 2018/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
総務相、自治体へマイナンバー制度の推進を要請
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
全従業員のマイナンバーを収集した企業、7割から8割
LINE、「マイナポータル」と連携 - 2017年中に電子申請案内サービス
2016年度のマイナンバー関連事故は165件 - 6件が「重大な事態」