Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Sennheiserのヘッドセット用ソフトに脆弱性 - アンインストール後も影響

Sennheiserが、オフィスやコンタクトセンター向けに提供しているヘッドセット用ソフトウェアに証明書のプライベート鍵が含まれている脆弱性が明らかとなった。すでにアンインストールしていても影響を受けるため注意が必要だ。

「Sennheiser HeadSetup」「同Pro」のインストールフォルダ内に証明書にくわえ、プライベート鍵が保存される脆弱性「CVE-2018-17612」が明らかとなったもの。不正なコード署名証明書やサーバ証明書などを無制限に発行されるおそれがある。

インストーラーではルート証明書ストアに自己署名証明書を追加。ソフトウェアをインストールした環境では、不正な証明書を用いられた場合も警告が行われなくなる。またソフトウェアをアンインストールしても、証明書ストアより証明書の削除が行われないため、引き続き脆弱な環境に置かれるという。

同脆弱性はSecorvo Securityが7月に発見。同社より報告を受けたSennheiserでは、インストール時に問題の証明書を削除するソフトウェアのアップデートを11月23日にリリースした。あわせて過去にインストーラーを利用した顧客向けに問題の証明書を削除するスクリプトを用意している。

また今回の問題を受け、マイクロソフトでは予防的な対策として、これら証明書に対する信頼を削除する措置を講じた。また問題のソフトウェアをインストールしている環境ではアップデートを実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
コンテナ管理の「Kubernetes」に深刻な脆弱性
WordPress向けプラグイン「LoginPress」に脆弱性
2009年10月以降出荷のパナ製Windows PCに脆弱性 - 修正ユーティリティを公開
Ciscoのライセンス管理製品に深刻な脆弱性 - SQLiによりシェルの実行も可能に