Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Payment Card Forensicsが商号を変更 - 「P.C.F. FRONTEO」に

Payment Card Forensics(PCF)は、2019年1月1日より商号を「P.C.F. FRONTEO」へと変更する。

今回の商号変更は、同社と親会社であるFRONTEOが連携して業務を推進していることを明確にすることを目的に実施するもの。

PCFでは、クレジットカード業界向けに情報流出時のフォレンジック調査や、セキュリティマネジメント支援サービスを展開。

一方FRONTEOでは、企業内の内部不正調査を中心にリーガル関連サービスを提供している。

(Security NEXT - 2018/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説
海賊版サイトへのアクセス抑止策に関する報告書 - 総務省
イー・ガーディアン、グレスアベイルを子会社化 - 取締役に徳丸氏
クラウドや制御システムのセキュリティ活動で感謝状 - JPCERT/CC
システム連携する決済サービスの不正利用対策に向けて検討会 - 経産省
政府、決済事業者に不正アクセスへの対策強化を要請
制御システムのインシデント事例を解説した資料 - IPA
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件