Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Payment Card Forensicsが商号を変更 - 「P.C.F. FRONTEO」に

Payment Card Forensics(PCF)は、2019年1月1日より商号を「P.C.F. FRONTEO」へと変更する。

今回の商号変更は、同社と親会社であるFRONTEOが連携して業務を推進していることを明確にすることを目的に実施するもの。

PCFでは、クレジットカード業界向けに情報流出時のフォレンジック調査や、セキュリティマネジメント支援サービスを展開。

一方FRONTEOでは、企業内の内部不正調査を中心にリーガル関連サービスを提供している。

(Security NEXT - 2018/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
中部電とDNP、「地域型情報銀行」の実証事業を開始
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
次期「サイバーセキュリティ月間」の関連行事が募集開始
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から
「M3AAWG」の国内リージョン「JPAAWG」が発足 - メールやメッセージングのセキュリティを検討
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会