Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Payment Card Forensicsが商号を変更 - 「P.C.F. FRONTEO」に

Payment Card Forensics(PCF)は、2019年1月1日より商号を「P.C.F. FRONTEO」へと変更する。

今回の商号変更は、同社と親会社であるFRONTEOが連携して業務を推進していることを明確にすることを目的に実施するもの。

PCFでは、クレジットカード業界向けに情報流出時のフォレンジック調査や、セキュリティマネジメント支援サービスを展開。

一方FRONTEOでは、企業内の内部不正調査を中心にリーガル関連サービスを提供している。

(Security NEXT - 2018/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不要個人データ、流出防止のためにも消去を - 個情委が注意喚起
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
セキュアIoT生体医工学の拠点形成で研究成果を発表 - TDU
ドイツ政府が懸念する産業用制御システムの10大脅威とは
Accenture、BroadcomからSymantecのセキュリティサービス事業を買収
「個情法改正大綱」でパブコメ実施中 - 逸脱利用を制限
2019年第3四半期、クレカ不正使用被害は68億円
ジャパンシステム、セキュリティ事業を両備システムズへ譲渡