Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バンコク事務所のサーバにバックドア、情報流出の可能性 - JETRO

日本貿易振興機構(JETRO)のバンコク事務所のサーバが不正アクセスを受け、個人情報などが流出した可能性があることがわかった。

同機構によれば、バンコク事務所のサーバが不正アクセスを受け、バックドアと見られる不正プログラムが設置されていたことが、11月12日に判明したもの。

7月に同事務所のコンピュータが不正プログラムを検知したことから、ネットワークより隔離し、外部事業者へ調査を依頼していた。

被害を受けたサーバには、関係者の個人情報などが保存されており、これらの情報が外部に流出した可能性があるとして、対象者への連絡を行っている。

同機構では被害の詳細を把握するため、引き続きシステムの解析を進める。また同事務所のネットワークは独立しており、同機構の本部含め他事務所への被害拡散はないとしている。

(Security NEXT - 2018/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
不正アクセスでスパムの踏み台に - 山梨県の文化施設
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
神戸製鋼とパスコに不正アクセス - 防衛秘密への影響否定
メールサーバに不正アクセス - 埼玉県下水道公社
NEC防衛部門の一部サーバに不正アクセス - 内部感染拡大を検知できず