Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash Player」脆弱性、パッチ提供1週間前に研究者が詳細公表済み

「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性が存在し、緊急アップデートがリリースされた問題で、すでに脆弱性の詳細が公開されており、セキュリティベンダーにおいて定義ファイルの追加など対策が進められている。

今回明らかとなったのは「型の取り違え」の脆弱性「CVE-2018-15981」。Adobe Systemsでは米時間11月20日にアップデートをリリース。早急に更新するよう利用者へ求めた。

Adobe Systemsでも脆弱性の詳細がすでに公表済みであることを明らかにしているが、今回の更新に先立ち、セキュリティ研究者のGil Dabah氏が11月13日に自身のブログで、「Adobe Flash Player」の「Action Script Virtual Machine(AVM)」における脆弱性として詳細を公表していた。

今回のアップデートを受け、マイクロソフトではセキュリティアドバイザリ「ADV180030」を発行。ブラウザ同梱版に対するアップデートをリリース。

すでにセキュリティベンダー各社でも対応が進められている。Proofpointでは、11月16日に定義ファイルで同脆弱性に対応。ESETは同月20日にトロイの木馬「SWF/Exploit.CVE-2018-15981.A」として定義ファイルを追加している。

(Security NEXT - 2018/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ