Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を

Wi-Fi接続に対応したパナソニック製SDメモリカードリーダー「BN-SDWBP3」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、任意のコマンドを実行される「OSコマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2018-0677」をはじめ、バッファオーバーフロー「CVE-2018-0678」や、認証不備「CVE-2018-0676」などあわせて3件の脆弱性が明らかになったもの。

いずれの脆弱性も三井物産セキュアディレクションの塚本泰三氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

パナソニックでは、脆弱性を修正したファームウェアを用意。スマートデバイス向けに提供している同社製アプリ「Wi-Fiカードリーダー」の最新版に同梱しており、同アプリよりファームウェアを更新するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
「IBM ServeRAID Manager」にRCE脆弱性 - サポートはすでに終了
「Firefox 73」が登場 - 脆弱性6件を修正
MS、月例パッチで脆弱性99件を解消 - ゼロデイ脆弱性も修正
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性17件を解消
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製OSやVoIP製品などに脆弱性「CDPwn」が判明 - 数千万台に影響か
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性 - 更新は11日に公開予定
「Ghostscript」にRCE脆弱性 - 最新版では修正済み