Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院

島根大学医学部付属病院は、事件の被害者として搬送された患者のカルテを、職員が業務に関係ない目的で閲覧していたとして、謝罪した。

同院によれば、出雲市で発生した殺人事件の被害者として搬送された患者のカルテに対し、不適切な閲覧記録が確認されたという。のべ312人が同カルテを閲覧しており、なかには診療や業務に関係のない職員による閲覧が含まれていると見られる。

同院では、このような行為は同院の診療録取扱要項の規定に抵触するものであるとして謝罪。個人情報の保護と再発防止に向けて取り組むとしている。

(Security NEXT - 2018/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GW企画の案内メールで送信ミス - 東天紅
「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
指定低公害車申請受付の案内メールで誤送信 - 東京都
顧客情報を誤表示、キャッシュ設定ミスで - グリーンスタンプ
会員向けメールで送信ミス - 東京港埠頭
電気工事店宛てメールを誤送信、メアド流出 - 北陸電力
新サイトの案内メールを誤送信、メアドが流出 - PCジャングル
メール送信ミス、競争入札申請業者のメアドが流出 - 水資源機構
はんだごて通販サイトに不正アクセス - 意図しない顧客情報ファイルがサイト上に