Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院

島根大学医学部付属病院は、事件の被害者として搬送された患者のカルテを、職員が業務に関係ない目的で閲覧していたとして、謝罪した。

同院によれば、出雲市で発生した殺人事件の被害者として搬送された患者のカルテに対し、不適切な閲覧記録が確認されたという。のべ312人が同カルテを閲覧しており、なかには診療や業務に関係のない職員による閲覧が含まれていると見られる。

同院では、このような行為は同院の診療録取扱要項の規定に抵触するものであるとして謝罪。個人情報の保護と再発防止に向けて取り組むとしている。

(Security NEXT - 2018/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ボランティア登録者宛のメールで送信ミス - 山口県
特急運行情報サイトが改ざん、情報詐取する外部サイトに誘導 - JR西
病院運営指標に患者情報 - 表計算ファイルのまま誤公開
商品不足知らせる謝罪メールを誤送信 - FM東京子会社
委託先がイベント中止メールを誤送信 - 桑名市
研修案内メールの誤送信で介護施設のメアド流出 - 大阪府
同意なしで信用情報取得、営業に利用 - 鹿児島信金
テストメールで誤送信、生徒保護者のメアド流出 - 郡山市
ビリヤード大会のエントリー締切メールで誤送信
年金未納者情報含むDVDを事務センター内で紛失 - 年金機構