Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か

結婚式の招待状や席次表などを扱う通信販売サイト「ココサブ」が不正アクセスを受け、顧客のメールアドレスが流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営する麻田によれば、4月23日から6月11日12時半にかけて、同サイトが不正アクセスを受けていたという。

不正アクセスにより、2013年1月15日23時から2018年6月11日12時半までの間に、同サイトで商品を購入したり、無料サンプルを請求した顧客のメールアドレスのべ2万7916件が流出した可能性がある。

同サイトの管理を委託している事業者が、6月11日にSQLインジェクションを検知。攻撃元からのアクセスを遮断、脆弱性を修正したた上で、外部に調査を依頼していた。

同社では、関連する顧客に対してメールで通知。また警察と個人情報保護委員会への報告を行ったとしている。

(Security NEXT - 2018/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
ソフトバンク元従業員が業務文書の持ち出しで逮捕
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
レジ用品通販サイトに不正アクセス、顧客のメアドが流出
三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も