Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化

FFRIは、エンドポイントセキュリティ対策製品「FFRI yarai」の新版となる「同3.2」を提供開始した。

同製品は、サンドボックスをはじめ、5種類の検知エンジンを搭載したマルウェア対策製品。新版では、検知エンジンと管理コンソールを強化した。

検知エンジンにあらたな検出ロジックを追加。Javaベースや認証情報を窃取するマルウェアの検出を強化したほか、DDEやHTMLヘルプファイルを悪用した攻撃への対応を強化した。

管理コンソールには、インシデントレスポンスの支援機能を搭載。脅威が組織内に侵入しているか検査しレポートする脅威のハンティング機能や、脅威を発見した際にマルウェアの駆除や感染端末の隔離を行うレスポンス機能を利用できる。

また検知エンジンの強化を行った「同2.12」についても同時にリリースしている。

(Security NEXT - 2018/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
NTTテクノクロス、Carbon Blackベースの「TrustShelter/EPP」を提供
NRIセキュア、CrowdStrike向けに「マネージドEDRサービス」を提供
サイバーリーズン、EDRとマルウェア対策を統合したセキュリティプラットフォーム
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」