Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC

伊藤忠テクノソリューションズは、「Amazon Web Services(AWS)」の利用者向けにセキュリティリスク診断サービスを提供開始した。

同サービスは、AWSの利用環境におけるセキュリティリスクとコンプライアンスの準拠状況を診断するもの。アクセス権限の管理、インシデント発生時における監査ログの取得、アラートの管理状況など、AWSの設定にともなうセキュリティリスクの有無を診断する。

また、EUの一般データ保護規則(GDPR)や、米国の「HIPAA(Health Insurance Portability and Accountability Act)」など、コンプライアンス準拠状況の評価にも対応。マカフィーやパロアルトネットワークスのツールを活用し、100以上の項目を診断。クラウドの運用や管理体制についてもヒアリング調査を実施する。

料金は、AWSのアカウント1件あたり27万円から。同社では、関連するセキュリティソリューションも含めて3年間で15億円の売り上げを目指している。

(Security NEXT - 2018/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
NRIセキュア、ウェブによるセキュリティ状況診断サービスに有料プラン - 無料プランも継続
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
組織内部に潜伏する脅威を可視化するサービス - 日商エレ
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発