Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Tomcat JK mod_jk Connector」にURI制限をバイパスされる脆弱性

「Apache HTTP Server」向けのモジュール「Apache Tomcat JK mod_jk Connector」にパストラバーサルの脆弱性が含まれていることが明らかとなった。

同モジュールは、「Apache Tomcat」とデータをやりとりする際に用いられるソフトウェア。「URI」の正規化処理に問題があり、細工された「URI」を正しく処理できず、制限した「URI」へのアクセスをバイパスする「パストラバーサル」の脆弱性「CVE-2018-11759」が存在するという。

「Apache Tomcat JK mod_jk Connector 1.2.44」および以前のバージョンに存在し、「Apache HTTP Server」とリバースプロクシを利用している環境において影響を受ける。

開発チームでは脆弱性へ対処した「同1.2.46」をリリース。過去に判明した脆弱性「CVE-2018-1323」と一部重複するものの、異なる問題とされており、注意が必要だ。

(Security NEXT - 2018/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性99件を解消 - ゼロデイ脆弱性も修正
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性17件を解消
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製OSやVoIP製品などに脆弱性「CDPwn」が判明 - 数千万台に影響か
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性 - 更新は11日に公開予定
「Ghostscript」にRCE脆弱性 - 最新版では修正済み
富士ゼロックスのプリンタ管理ツール関連で2件の脆弱性
「SpamAssassin」にセキュリティリリース - 脆弱性2件を修正
「Chrome 80」がリリース - セキュリティ関連で56件の修正
メッセージアプリ「WhatsApp」に情報漏洩の脆弱性