Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

さいたま市主催「世界盆栽大会」のドメイン、第三者が取得 - アダルト広告サイトに

さいたま市が2017年4月に開催した「第8回世界盆栽大会inさいたま」の公式サイトで利用したドメインが、その後第三者によって取得され、現在はアダルト広告サイトとなっていることがわかった。

閲覧者から連絡があり、同市では事態を把握した。「第8回世界盆栽大会inさいたま」の公式サイトとしてリンクなどを行っている場合は、削除してほしいと呼びかけている。

問題のドメインは登録期間の終了後、複数の取得希望者がいたことからドメインのオークションに出品され、第三者が6月に4万5000円強で落札、取得したようだ。

類似したケースとしては、「Cyber3 Conference Okinawa 2015」の公式サイトに利用されたドメインが、その後第三者によって取得されたケースがある

(Security NEXT - 2018/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

千葉県のなりすましメール出回る - Emotet感染は確認されず
偽求人情報で個人情報を収集する手口 - 証明書写しなども要求
実在する法律事務所や弁護士の「なりすましメール」に注意
米国家安全保障局、Windowsの脆弱性に警鐘 - 情報漏洩やファイル偽装のおそれ
Pulse Secureの既知VPN脆弱性、ランサムウェアの標的に
メルアカ乗っ取り被害、迷惑メールの踏み台に - NTTLS
マルウェア感染でなりすましメール送信 - パッケージメーカー
「Amazonプライムの自動解除」装うフィッシング - CDNを悪用
ジャパンネット銀を装うフィッシングに注意
りそなグループ狙うフィッシング - SMSで偽サイトに誘導