Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

さいたま市主催「世界盆栽大会」のドメイン、第三者が取得 - アダルト広告サイトに

さいたま市が2017年4月に開催した「第8回世界盆栽大会inさいたま」の公式サイトで利用したドメインが、その後第三者によって取得され、現在はアダルト広告サイトとなっていることがわかった。

閲覧者から連絡があり、同市では事態を把握した。「第8回世界盆栽大会inさいたま」の公式サイトとしてリンクなどを行っている場合は、削除してほしいと呼びかけている。

問題のドメインは登録期間の終了後、複数の取得希望者がいたことからドメインのオークションに出品され、第三者が6月に4万5000円強で落札、取得したようだ。

類似したケースとしては、「Cyber3 Conference Okinawa 2015」の公式サイトに利用されたドメインが、その後第三者によって取得されたケースがある

(Security NEXT - 2018/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内組織の意図せぬ従業員情報がネット上で流通
ドメインの移管やDNS設定変更をロックするオプション - ムームー
SSLサーバ証明書の表示、ブラウザで違いも
JA仙台装う迷惑メールが送信 - スナック菓子の情報サイトが踏み台に
ネット上の脅威リスク評価機能を追加 - NRIセキュア
東京五輪の類似ドメインが約1000件 - 正規サイトか慎重に確認を
フィッシング対策GLを改訂 - 「送信メールはテキスト形式で」
脅威情報を集約し横断分析する「CURE」を開発 - NICT
ドメインに関する脅威分析情報を提供するサービス - ISID
「MUFGカード」利用者狙うフィッシング - 11ドメインで展開