Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

さいたま市主催「世界盆栽大会」のドメイン、第三者が取得 - アダルト広告サイトに

これら2件のサイトにおける関連性は不明だが、いずれも構造がよく似たアダルト広告サイトで、同一の画像ファイルや類似した表現が多数利用されている。

「Cyber3 Conference Okinawa 2015」のドメインに関しては、10月に有効期限が延長されており、引き続きアダルト広告サイトが運営されている。

(Security NEXT - 2018/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
国内主要企業の約8割、「DMARC」未導入 - 「Reject」ポリシーの活用わずか
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - グッドライフカンパニー
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT