Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも

10月にフィッシング対策協議会へ寄せられたフィッシングの報告件数は、前月から11.6%減となる1100件だった。

同協議会によれば、10月のフィッシングの報告件数は1100件。前月の1244件を144件下回った。5月から5か月連続で報告数が減少している。

3月以降は2000件前後で推移し、5月には2701件に達したが、その後は減少傾向が続いている。

一方、フィッシング攻撃に悪用されたURLは885件。前月を39件上回った。6月以降、800件から1000件のレンジで推移している。悪用されたブランド件数は31件で、前月から3件減少した。

20181105_ap_001.jpg

(Security NEXT - 2018/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず
都内でフィッシングの動向や改訂GLの報告会 - フィ対協
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加
ドイツ政府が懸念する産業用制御システムの10大脅威とは
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
11月のネットバンク被害、7.6億円 - 過去最悪の水準
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
ネットバンク不正送金の多発で金融庁が注意喚起
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
10月のフィッシングサイト、過去最多に - 報告は8000件を突破