Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OpenSSLの複数署名アルゴリズムに脆弱性 - 次期更新で修正予定

OpenSSLにおいて、複数の署名アルゴリズムにサイドチャネル攻撃を受けるおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。

楕円曲線「DSA」「ECDSA」を利用した署名アルゴリズムに脆弱性「CVE-2018-0734」「CVE-2018-0735」が存在し、サイドチャネル攻撃によりプライベート鍵を回復されるおそれがあることが判明したもの。

開発チームでは、いずれも脆弱性の重要度を「低(Low)」とレーティングしており、これら脆弱性の修正だけを目的としたアップデートについては用意しない方針だという。

いずれも次期アップデート「OpenSSL 1.1.1a」「同1.1.0j」にて他脆弱性とあわせて対応するほか、「CVE-2018-0734」に関しては、「同1.0.2q」においても修正する予定。

(Security NEXT - 2018/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox」にマスターパスワード認証が回避されるおそれ - アップデートを実施
F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を
Adobe CC関連アプリに脆弱性 - 一部「クリティカル」も
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性 - SAMLで認証回避のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性76件を修正
MS、月例パッチで脆弱性93件に対処 - 盆休み重なる更新に注意を
PHPの「Exif」処理に脆弱性 - バッファオーバーフロー生じるおそれ
「WonderCMS」にサーバ上のファイルを削除される脆弱性 - 過去の修正が不十分で
「Spectre」に新亜種、「SWAPGS攻撃」受けるおそれ - MSは7月に対処済み
トレンドのDDIに攻撃コマンドバイパスのおそれ - すでに修正済み