Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員情報をメール誤送信、抑止システム導入も確認せず - 横浜市

横浜市の職員が、外部事業者へ送信したメールに、誤って同市職員の個人情報含むファイルを添付していたことがわかった。

同市によれば、10月15日18時半過ぎに業務の事務連絡のため送信したメールにおいて、本来添付すべきファイルとは異なる個人情報含むファイルを誤って添付するミスが発生したもの。

誤って添付されていたのは、庁内の研修申込者名簿。同市の職員1736人分の氏名や所属、業務用の個人メールアドレス、希望の研修回といった個人情報が含まれていた。

送信翌日に送信先から連絡があり問題が判明。受信者に電話で謝罪し、誤って添付したファイルの削除を依頼している。

同市では、8月1日よりメールの配信を一時保留し、再確認を促す「メール誤送信抑止システム」を導入。確認手順が定められていたが、確認せずに送信されていたという。

(Security NEXT - 2018/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でサービス利用者のメアド流出 - 学習塾
お知らせメール誤送信で患者のメアド流出 - 広島の産婦人科
イベント案内メール誤送信、メアドや氏名が流出 - NHK
区民活動センターでメール送信ミス - 横浜市
委託先が研修案内メール誤送信、メアド流出 - 東京観光財団
顧客向け案内メール誤送信 - サムライ・ロック・オーケストラ
誤送信で専門家派遣事業利用者8046人分のメアド流出 - 経産省
メールアドレス確認メールで誤送信 - 神戸市産業振興財団
セミナー案内メール誤送信 - エフティグループ
案内メール誤送信で利用者のメアド流出 - 横浜市の公共施設