Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS月例パッチ、2019年のリリース日をチェック - 8月は盆休み直撃

日本マイクロソフトは、2019年における月例セキュリティ更新の公開予定日をアナウンスした。

同社では、各社がセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」に、月例セキュリティ更新をリリースしており、2019年の予定を公表したもの。

日本時間では、時差の関係から翌日となるため、第2水曜日ではなく第3水曜日となる場合もある。2019年の日程を見ると、長期休暇となるゴールデンウィークとは重ならないが、8月は盆休みに公開される見込み。

メールでセキュリティ更新情報を配信する「マイクロソフトプロダクトセキュリティ警告サービス」は3月に終了しており注意が必要。現在は英語版となるが通知サービス「Security Notification Service」が提供されている。

公開予定日は以下のとおり。カッコ内は日本時間。また脆弱性が悪用されるなどリスクに応じて、定例外で修正が行われる可能性もある。

2019年1月8日(2019年1月9日)
2019年2月12日(2019年2月13日)
2019年3月12日(2019年3月13日)
2019年4月9日(2019年4月10日)
2019年5月14日(2019年5月15日)
2019年6月11日(2019年6月12日)
2019年7月9日(2019年7月10日)
2019年8月13日(2019年8月14日)
2019年9月10日(2019年9月11日)
2019年10月8日(2019年10月9日)
2019年11月12日(2019年11月13日)
2019年12月10日(2019年12月11日)

(Security NEXT - 2018/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
MS月例セキュリティ更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 2件でゼロデイ攻撃を確認済み
MS、月例パッチで脆弱性64件を解消 - 2件はゼロデイ攻撃を確認済み
MSが新元号対応を説明、API連携などにも注意喚起 - 危険な実装例も
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
「Windows」の「vCard」処理に未修正の脆弱性 - PoCが公開
1月のMS月例パッチ、ファイルサーバ適用時に不具合
2019年最初のMS月例パッチ - 脆弱性49件を解消
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み