Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ

TOHOシネマズは、顧客情報が記載された社内資料が所在不明になっていることを明らかにした。

同社によれば、2月に閉館したTOHOシネマズ日劇およびTOHOシネマズスカラ座において管理していたシネマイレージカード会員に関する書類137件が所在不明になっているもの。

いずれも2017年9月1日から2018年2月28日にかけて、両劇場で会員から申し出を受けた住所などの変更依頼に関するもので、氏名や住所、電話番号、生年月日、メールアドレス、会員番号、鑑賞履歴などが含まれる。

倉庫に移管し、9月に廃棄処分することになっていたが、9月26日に紛失していることが判明した。5月11日に倉庫内の不要書類を処分した際、誤って一緒に廃棄した可能性があるという。

同社では、個人情報保護委員会へ報告。対象となる会員に対して、書面で個別に事情を説明している。

(Security NEXT - 2018/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
高技専で入学願書を誤廃棄、移転作業時に - 大阪府
婦人靴売り場で顧客情報含む帳票を紛失 - 高崎タカシマヤ
個人情報1.8万件含むHDDが2018年末より所在不明 - 豊見城市
3店舗で顧客情報約2.4万件を紛失 - 福井信金
印影など含む口座振替依頼書を紛失 - 高島屋京都店
2支店で納付書控え1.8万件が所在不明 - 鹿児島興業信組
本店で保管していた顧客情報含む伝票を紛失 - 沖縄銀
25~35年前の一部カードローン契約書など、紛失が判明 - 熊本信金
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市