Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、「サイバーセキュリティ事業における適正な事業遂行の在り方に関する検討委員会」を設置した。

同委員会は、セキュリティ対策サービスの提供者が、社会、利用者、提供者自らを守ることを目的に、適正な事業遂行のあり方について検討、議論するもの。

委員長には、同協会会長で情報セキュリティ大学院大学名誉教授の田中英彦氏が就任。今後議論を進め、成果物を公表したい考え。

(Security NEXT - 2018/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
公取委、「デジタルプラットフォーマー」の個人情報取得で指針案 - パブコメ実施
個情委、内定辞退率予測でリクナビに是正勧告
政府、決済事業者に不正アクセスへの対策強化を要請
CODE BLUE 2019の基調講演者が決定 - 講演はシングルトラックに
巧妙化する国家関与の攻撃 - 「サイバー防衛」議論するシンポが始動
国内初となる「情報銀行」の「P認定」 - 三井住友信託銀など2社
2018年度の個人情報漏洩は4380件、8割は誤送信や紛失
マイナンバー事故、2018年度は279件 - 「重大」3件
5月最終週は個人情報保護を啓発する「Privacy Awareness Week」