Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準

2018年第2四半期のフィッシング攻撃は前四半期より1割ほど増加した。一方、国内でホストされるフィッシングサイトは低い水準で推移している。

Dell Technologiesのセキュリティ部門であるRSAが、同四半期に観測したフィッシング攻撃の状況を取りまとめたもの。

同四半期に同社が検知したフィッシング攻撃は約1万3200件。前四半期の約1万1800件から増加した。

攻撃を受けた回数について国別の割合を見ると、カナダが42.0%を占めて最多。次いで多い米国の13.8%の3倍以上にのぼる。さらに「オランダ(9.3%)」「インド(7.2%)」「スペイン(5.7%)」が続いた。

20181016_fs_002.jpg
フィッシング攻撃を受けた回数における国の割合(グラフ:RSA)

(Security NEXT - 2018/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
11月のネットバンク被害、7.6億円 - 過去最悪の水準
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差