Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート

カスペルスキーは、産業制御システム向けサイバーセキュリティ対策製品「Kaspersky Industrial CyberSecurity(KICS)」の新版となる「同2.7」を提供開始した。

同製品は、ソフトウェアとサービスにより構成される産業制御システム向けのサイバー攻撃対策ソリューション。ネットワークやネットワークに接続されたPLC、SCADAなどを監視できる。

ソフトウェアは、ネットワーク上の通信を監視する「KICS for Networks」とエンドポイントを監視する「KICS for Nodes」で構成されるが、今回は「KICS for Networks」をバージョンアップした。

従来より三菱電機のMCプロトコルをサポートしてきたが、新版ではあらたにオムロンのFINSを含む22のプロトコルに対応。適用できる制御システムを拡張した。

料金は、「KICS for Networks 2.7」のサーバ版年間ライセンスが1004万4000円から。センサー版年間ライセンスが143万6400円から。

(Security NEXT - 2018/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NECとCSSC、制御システム向けにリスク評価サービス
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償