Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート

カスペルスキーは、産業制御システム向けサイバーセキュリティ対策製品「Kaspersky Industrial CyberSecurity(KICS)」の新版となる「同2.7」を提供開始した。

同製品は、ソフトウェアとサービスにより構成される産業制御システム向けのサイバー攻撃対策ソリューション。ネットワークやネットワークに接続されたPLC、SCADAなどを監視できる。

ソフトウェアは、ネットワーク上の通信を監視する「KICS for Networks」とエンドポイントを監視する「KICS for Nodes」で構成されるが、今回は「KICS for Networks」をバージョンアップした。

従来より三菱電機のMCプロトコルをサポートしてきたが、新版ではあらたにオムロンのFINSを含む22のプロトコルに対応。適用できる制御システムを拡張した。

料金は、「KICS for Networks 2.7」のサーバ版年間ライセンスが1004万4000円から。センサー版年間ライセンスが143万6400円から。

(Security NEXT - 2018/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
工場やビル向けネットワーク監視ソリューションを展開 - NRIセキュアとSCADAfence
車載システム向けにログ分析型攻撃検知技術 - 三菱電機
工場生産ラインの制御システムを保護するソリューション - CEC
ACCESSとIrdeto、車載向けサービスのセキュリティ対策で協業
シマンテック、USBメモリ挿すだけのマルウェア対策製品 - 重要インフラ向けに
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
NECとCSSC、制御システム向けにリスク評価サービス
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立