Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神戸大、業務PCでアダルトサイト閲覧した職員処分 - 2年で約1220時間

神戸大学は、業務用パソコンでアダルトサイトを閲覧していた職員に対し、停職6カ月の懲戒処分を行った。

同大によれば、事務職員が業務用に貸与されているパソコンとネットワークを私的に使用。断続的にアダルトサイトを閲覧していたという。内部から通報があり、本人と関係者から聞き取り調査を行ったところ、問題が判明した。

同職員が業務用のシステムを利用してアダルトサイトを閲覧していた時間は、調査対象となった約2年間で労働時間の内外あわせて約1220時間。そのうち約730時間は勤務時間内だったという。

同大では、職員として不適切な行為であり、同大の就業規則で定められている勤務怠慢や備品の私的利用など違反行為にあたるとして、同職員に対し、停職6カ月の懲戒処分を実施した。

(Security NEXT - 2018/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生徒の個人情報含む記録簿を紛失 - 大阪府
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
6月のMS月例パッチが公開 - 脆弱性88件を修正
「ColdFusion」に3件の深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
2018年の個人情報漏洩は443件、想定損害賠償総額は2684億円 - JNSA調査速報
WP向け出勤管理プラグインなどに複数脆弱性
女性ファッション通販サイトに不正アクセス - 停止後に被害が判明
生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ
中小企業のセキュリティ強化に向けて実証事業 - IPA