Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス

ラックは、クラウドを利用した自動セキュリティ監視システム「CloudFalcon」を開発した。中小企業向けに同サービスを展開したいとしている。

同システムは、ログの自動分析エンジンを搭載したクラウド型のセキュリティ監視システム。分析ルールとして20万超を搭載。また同社のSOCやインシデント対応サービスで得た脅威情報をもとに分析ルールを適用する。サービス開始当初の対象機器は、パロアルトネットワークスの「PAシリーズ」、およびフォーティネットジャパンの「Fortigateシリーズ」。

同社が大手企業向けに提供するマネージドサービスで使用するセキュリティ監視分析システム「LAC Falcon」のノウハウをもとに開発。中小企業も導入しやすい価格帯を目指したという。2019年度には機械学習を活用し、分析ルール自動生成機能を拡張する予定。

KDDIデジタルセキュリティとデジタルハーツが、同システムを活用したサービスを提供する予定。3年後の売上について10億円を目指し、サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2018/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
複数製品を活用した脅威情報の監視通知サービス - NRIセキュア
流出監視機能を備えたPW管理サービス - ニフティ
マクニカ、S&Jを子会社化 - 経営層向けのサービスを強化
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
脅威ベースのペネトレ支援サービスを開始 - NTTデータ先技
記憶媒体の長期保管サービス - 証拠確保を支援