Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス

ラックは、クラウドを利用した自動セキュリティ監視システム「CloudFalcon」を開発した。中小企業向けに同サービスを展開したいとしている。

同システムは、ログの自動分析エンジンを搭載したクラウド型のセキュリティ監視システム。分析ルールとして20万超を搭載。また同社のSOCやインシデント対応サービスで得た脅威情報をもとに分析ルールを適用する。サービス開始当初の対象機器は、パロアルトネットワークスの「PAシリーズ」、およびフォーティネットジャパンの「Fortigateシリーズ」。

同社が大手企業向けに提供するマネージドサービスで使用するセキュリティ監視分析システム「LAC Falcon」のノウハウをもとに開発。中小企業も導入しやすい価格帯を目指したという。2019年度には機械学習を活用し、分析ルール自動生成機能を拡張する予定。

KDDIデジタルセキュリティとデジタルハーツが、同システムを活用したサービスを提供する予定。3年後の売上について10億円を目指し、サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2018/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
ASEAN地域の監視分野事業で英Assuriaと協業 - ラック
MSSにインシデント初期対応支援を追加 - テクマトリックス
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
移動体通信における制御信号の特徴で攻撃を検知 - NEC
アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス