Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割

インターネット利用者において、6割弱がパソコンのバックアップを実施していないことがわかった。失ったデータを復旧するために支出できる金額は5000円以下とする回答が約8割にのぼる。

Acronis Internationalが8月に、日本や米国、イギリス、ドイツ、シンガポールなど含む9カ国のインターネット利用者を対象に調査を実施し、取りまとめたもの。

国内を見ると、回答者の47.8%がパソコンやスマートフォン、タブレットにおけるデータの消失を経験。グローバルの35.9%を11.9ポイント上回った。

パソコンに限定し、データをバックアップしているか尋ねたところ、42.9%がバックアップを実施していた。グローバルの47.9%をやや下回る。

20180919_ac_001.jpg
パソコンにおいてバックアップしているか(グラフ:Acronis)

(Security NEXT - 2018/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
7割弱が「ランサムウェア」認知せず - 半数強がバックアップ未実施
15.3%の企業で被害、ランサムで泣き寝入りも
「ランサムウェア」被害に身代金払う、25人に1人
国内企業の約3割がセキュリティ侵害によるデータ破壊を経験 - 平均損失額は1.4億円
「セキュリティソフト導入」は5割強 - 対策しない理由「わからない」
国内法人でランサムウェアの被害が深刻化 - 共有ファイルが人質に