Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電力供給が回復、自家発電の再稼働も視野に - さくら

北海道地震の影響で石狩データセンターにて自家発電を行っていたさくらインターネットは、電力供給が回復したとして、自家発電を停止した。

同社では、9月8日に北海道電力による電力供給が回復したことを受けて電力源を切り替え、同日14時過ぎに自家発電を停止した。

一方道内全体で電力不足の状況は続いており、広く節電が呼びかけられているが、同社は不測の事態に備え、自家発電設備の再稼働を視野にいれた体制を継続すると説明。輪番停電に対しても協力する姿勢を示している。

また同社では、これまで自家発電用の燃料調達を進めてきたが、9月8日に給油を完了している。

(Security NEXT - 2018/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

委託業務の電話勧誘で録音改ざん、管理者指示で - りらいあ
オリコのクレカ不正申込対策で実証実験
低消費電力通信「Bluetooth」に複数脆弱性 - なりすまし攻撃「BIAS」が判明
個人情報を別業者へ誤通知、システム障害影響で - 九電
個人線量データを誤送信、個人番号も - 東電
情報銀行へのデータ提供、7割超が位置情報NG - 「規約すべて読み同意」8%
プログラム改修ミスで料金を誤請求 - 東電子会社
「Emotet」に感染、メアド流出の可能性 - 関電グループ会社
地域向け情報銀行サービスの実証を開始 - 中部電力
小売電気事業者の顧客情報を誤って別事業者へ通知 - 九電