Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電力供給が回復、自家発電の再稼働も視野に - さくら

北海道地震の影響で石狩データセンターにて自家発電を行っていたさくらインターネットは、電力供給が回復したとして、自家発電を停止した。

同社では、9月8日に北海道電力による電力供給が回復したことを受けて電力源を切り替え、同日14時過ぎに自家発電を停止した。

一方道内全体で電力不足の状況は続いており、広く節電が呼びかけられているが、同社は不測の事態に備え、自家発電設備の再稼働を視野にいれた体制を継続すると説明。輪番停電に対しても協力する姿勢を示している。

また同社では、これまで自家発電用の燃料調達を進めてきたが、9月8日に給油を完了している。

(Security NEXT - 2018/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報含む資料を検針員が紛失 - 中部電力
原発広報誌の返信ハガキが所在不明、個人情報や意見など記載 - 東電
公開PDF資料に個人情報入り表計算ファイル - 資エネ庁
資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
中部電とDNP、「地域型情報銀行」の実証事業を開始
発電事業者や小売電気事業者のメアド流出 - 中電
設備調査業務の委託先が顧客情報を紛失 - 中電
ココン、第三者割当増資で約28億円を調達 - セキュリティ診断技術の研究開発を促進
顧客向けメールで誤送信、CCにメアド620件 - 沖縄電
日立ら、情報銀行に向けて実証実験 - 従業員200人のデータ活用