Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立病院で患部画像や個人情報含むカメラ紛失 - 新潟県

新潟県は、県立新発田病院において、患者の個人情報が保存されたデジタルカメラの所在がわからなくなっていることを明らかにした。

同県によれば、所在不明となっているのは、同院医師が所有するデジタルカメラ。9月3日に紛失が判明したもので、8月31日以降の所在がわからないという。

同カメラには、入院患者の氏名やID、生年月日、皮膚病変部の画像などが保存されていた。具体的な保存件数はわかっていない。

医師は、判明翌日に院長へ報告。院内を探索したが見つからず、警察へ届けた。同院では対象となる患者を特定し、事情の説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2018/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童の写真を記録したメディアが所在不明 - 鎌倉市
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県
保育所で児童の画像含む記録メディアを紛失 - 大阪市
中学校2校で生徒の画像含むカメラの紛失が発生 - 仙台市
幼稚園で園児の画像含むカメラを紛失 - 茨木市
府の施設で児童の顔写真含むカメラを紛失 - 大阪府
区立こども園の保育室で園児画像含むカメラが所在不明に - 台東区
防犯カメラ更新時にデータ削除前の機器が盗難被害 - 西鉄ホテルズ