Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PHPのパッケージリポジトリ「Packagist」に脆弱性

PHPのパッケージマネージャ「Composer」で利用するパッケージリポジトリ「Packagist」に脆弱性が見つかった。すでに修正済みだという。

同サービスは、19万件以上のパッケージが登録されており、1カ月あたり4億件のインストールに利用されているリポジトリ。

セキュリティ研究者のMax Justicz氏が深刻な脆弱性を発見したもので、同氏によれば、ユーザーがリポジトリのURLを送信し、パッケージのアップロードに用いるために用意されたテキストフィールドより、シェルコマンドの実行が可能だったという。すでに同サービスの運営チームに報告しており、修正されている。

同氏は、今回の「Packagist」に限らず、「RubyGems.org」や「PyPI」などで脆弱性を発見してきたほか、同氏以外も脆弱性を発見していると指摘。将来的に利用するパッケージ管理サービスが侵害を受ける可能性についても、利用者側で考慮しておくべきであると警鐘を鳴らしている。

(Security NEXT - 2018/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
「LLVM」の「Armバックエンド」でスタック保護が機能せず
「Drupal 8.7.4」に脆弱性 - 手動作業ともなう更新必要
「Windows Defenderアプリ制御」に脆弱性 - 定例外アップデートをリリース
DNSサーバ「Knot Resolver」に複数脆弱性 - 更新がリリース
Atlassian製PMツール「Jira Server」に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Chrome 75.0.3770.142」がリリース、脆弱性2件に対処
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
Mac向けZoom製ウェブ会議ソフトに脆弱性 - ウェブ閲覧でカメラ起動
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート