Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PHPのパッケージリポジトリ「Packagist」に脆弱性

PHPのパッケージマネージャ「Composer」で利用するパッケージリポジトリ「Packagist」に脆弱性が見つかった。すでに修正済みだという。

同サービスは、19万件以上のパッケージが登録されており、1カ月あたり4億件のインストールに利用されているリポジトリ。

セキュリティ研究者のMax Justicz氏が深刻な脆弱性を発見したもので、同氏によれば、ユーザーがリポジトリのURLを送信し、パッケージのアップロードに用いるために用意されたテキストフィールドより、シェルコマンドの実行が可能だったという。すでに同サービスの運営チームに報告しており、修正されている。

同氏は、今回の「Packagist」に限らず、「RubyGems.org」や「PyPI」などで脆弱性を発見してきたほか、同氏以外も脆弱性を発見していると指摘。将来的に利用するパッケージ管理サービスが侵害を受ける可能性についても、利用者側で考慮しておくべきであると警鐘を鳴らしている。

(Security NEXT - 2018/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起
Cisco ASAに脆弱性、悪用も確認 - 早急に更新を
トヨタ自動車の故障診断ツールに脆弱性 - ECU間の通信に判明
「Firefox 79」がリリース - 脆弱性10件を修正
「Magento」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが公開
Google、複数脆弱性を解消した「Chrome 84.0.4147.105」をリリース
Google、「Chrome 83.0.4103.106」を公開 - 複数脆弱性に対処
「Photoshop」などAdobe複数製品に深刻な脆弱性 - アップデート公開
「ZeroShell」の既知脆弱性を狙った攻撃に注意