Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー

北海道のモスバーガー5店舗で商品を購入した顧客の個人情報が、インターネット経由で閲覧できる状態だったことがわかった。予約情報を共有するためのサイトにアクセス制限が不十分だったという。

フランチャイジーのフジタコーポレーションが運営する北海道内のモスバーガー5店舗において、2015年、2016年、2017年の11月から12月の特定期間に、ファックスで「モスチキン」を予約購入した顧客619件の情報が閲覧可能だったもの。

苫小牧店、苫小牧バイパス店、伊達店、モルエ中島店、苫小牧柳町店で予約した顧客の氏名または法人名、住所、電話番号、注文内容や金額などが含まれる。

8月29日19時ごろ、顧客からフランチャイズ本部のモスフードサービスに指摘があり、問題が発覚。同日20時半ごろデータをサーバから削除した。個人情報が閲覧できるページへのアクセスは1件あったという。

予約状況を共有するため設置していたサイトにおいて、外部からのアクセスを制限が不十分だったのが原因で、同社では対象となる顧客に謝罪の書面を送付するとしている。

(Security NEXT - 2018/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

動画視聴の案内メールを誤送信 - NSCAジャパン
お知らせメール誤送信で患者のメアド流出 - 広島の産婦人科
メールアドレス確認メールで誤送信 - 神戸市産業振興財団
SNSサイト「ふどうさん女子」で一部会員情報が閲覧可能に
Ruby技術者認定試験の合格者リストを誤って公開 - 一部GDPRの影響も
「戦国対戦TCG」英語版アンケートで個人情報が閲覧可能に
PC出張サポート申込者の個人情報が閲覧可能に - ケーズデンキ
メール誤送信で顧客のメアド流出 - マイカースポンサー
起業家発掘セミナー参加者宛のメールで誤送信 - 愛知県
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町