Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック

ラックは、産業制御システムにおけるセキュリティリスクを調査、評価するサービスを提供開始した。

「産業制御システム向けリスクアセスメントサービス」は、工場の生産ラインなどで活用されているネットワーク化された制御系システムを対象に、サイバーセキュリティ面からリスクを調査、評価するサービス。

リスク評価では、「NIST Cyber Security Framework」「IEC62443」などを踏まえつつ、同社ノウハウをもとに開発した独自のフレームワーク「LAC-ICSSS」を活用。

制御システム防御における重要部分については、実際の機器を調査してセキュリティリスクを把握し、ビジネスへの影響を評価。優先順位の決定なども含め、セキュリティ対策を支援する

料金は評価対象システムの規模や状況により変化するとしており、平均的な料金は756万円としている。

(Security NEXT - 2018/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
IoT機器メーカー向けのPSIRT支援サービス - NRIセキュア
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
38種類の加工方法を実装した匿名加工情報作成ソフト - NTT-TX
脆弱性緩和ツール「EMET」、2018年7月31日にサポート終了予定
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習