Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「セゾンNetアンサー」装うフィッシング - 暫定的なID変更と不安煽る手口

セゾンカードの利用者向けに提供されているウェブサービス「セゾンNetアンサー」を装い、カード情報やアカウント情報を詐取するフィッシング攻撃が発生している。

20180820_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

注意を呼びかけたフィッシング対策協議会によると、問題のフィッシングメールは、「重要:必ずお読みください」といった件名で送信。

第三者によるアクセスを確認したため、登録IDを暫定的に変更したなどと不安を煽っていた。

クレジットカードを使い続けるには、記載のURLからログインしてIDとパスワードを再設定する必要があるなどとだまし、偽サイトへ誘導。

IDやパスワードのほか、クレジットカードの番号や有効期限、セキュリティコード、生年月日、メールアドレスなどを詐取する。

誘導先のURLは、少なくとも3種類あり、8月20日の時点で稼働が確認されている。同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシングサイトに注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/08/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導
「不正ログインでリセット」とウソ - 「三井住友カード」装うフィッシングに注意
「アカウントは閉鎖されます」 - 偽Amazonからのメールに注意
偽「メンテナンス」通知に注意 - 三井住友銀装うフィッシング
「Amazonプライム」の会員狙うフィッシング - ブランド名を誤るミスも
「第一暗証はワンタイムパスワードではございません」 - 三井住友銀かたるSMSに注意
「クレカ情報の漏洩や不正利用を確認できる」とだますフィッシング - 全銀協を偽装
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す