Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Reader/Acrobat」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートが公開

Adobe Systemsは、「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」に判明した深刻な脆弱性を修正するため、アップデートをリリースした。

今回のアップデートは、重要度が「クリティカル(Critical)」の脆弱性2件を修正したもの。「Windows」「macOS」環境が影響を受ける。

同社によれば、域外にメモリを書き込む脆弱性「CVE-2018-12808」や、信頼できないポインタを参照する脆弱性「CVE-2018-12799」が存在。悪用されるとリモートよりコードを実行されるおそれがある。これら脆弱性の悪用は確認されていない。

同社では、「同DC」の「Continuous(連続トラック)」向けに「同2018.011.20058」、「Classic(クラシックトラック)」向けに「同2015.006.30448」を提供。

「同2017」に対しては「同2017.011.30099」を用意した。適用優先度は、いずれも3段階中2番目にあたる「2」とレーティングしており、30日以内を目安にアップデートするよう求めている。

20180815_as_001.jpg
アップデートをリリースしたAdobe Systems

(Security NEXT - 2018/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」にリソース枯渇のおそれ - アップデートで修正
Apple、「AirMac」向けファームウェアを公開 - 脆弱性8件に対処
「Firefox」がわずか2日で再度アップデート - サンドボックス回避の脆弱性を修正
ゼロデイ攻撃発生中の脆弱性へ対処した「Firefox 67.0.3」がリリース
Android向け「Outlook」にXSS攻撃が可能となる脆弱性
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
「WebLogic」に深刻な脆弱性、リモートよりコード実行のおそれ - 4月の修正とは異なる脆弱性
「Samba」に複数の脆弱性 - サービス拒否のおそれ
LINE海外法人の求人サイトに脆弱性、外部報告で判明 - 調査以外の形跡確認されず
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か