Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Reader/Acrobat」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートが公開

Adobe Systemsは、「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」に判明した深刻な脆弱性を修正するため、アップデートをリリースした。

今回のアップデートは、重要度が「クリティカル(Critical)」の脆弱性2件を修正したもの。「Windows」「macOS」環境が影響を受ける。

同社によれば、域外にメモリを書き込む脆弱性「CVE-2018-12808」や、信頼できないポインタを参照する脆弱性「CVE-2018-12799」が存在。悪用されるとリモートよりコードを実行されるおそれがある。これら脆弱性の悪用は確認されていない。

同社では、「同DC」の「Continuous(連続トラック)」向けに「同2018.011.20058」、「Classic(クラシックトラック)」向けに「同2015.006.30448」を提供。

「同2017」に対しては「同2017.011.30099」を用意した。適用優先度は、いずれも3段階中2番目にあたる「2」とレーティングしており、30日以内を目安にアップデートするよう求めている。

20180815_as_001.jpg
アップデートをリリースしたAdobe Systems

(Security NEXT - 2018/08/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - まもなく今月2度目のアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」が定例外アップデート - 前回修正が不十分で
ソーシャルボタン設置する「WordPress」用プラグインに深刻な脆弱性
MQTTプロトコル汎用ライブラリの旧版にDoS攻撃受ける脆弱性
VMwareの複数製品に「runc」の脆弱性 - 一部製品にアップデート
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を
「ColdFusion」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
Mozilla、3件の脆弱性に対処した「Firefox 65.0.1」をリリース