Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数のEC-CUBE向け決済モジュールに脆弱性 - 特定URLアクセスでコード実行のおそれ

eコマースシステムのEC-CUBE向けに提供されている複数の決済モジュールにおいて、管理画面へログイン中のユーザーに特定URLへアクセスさせることで、任意のPHPコードを実行させることが可能となる脆弱性が明らかとなった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、EC-CUBEペイメント事務局が提供する「EC-CUBEペイメント決済モジュール」やGMOペイメントゲートウェイが提供する「GMO-PG決済モジュール(PGマルチペイメントサービス)」の「2.12系」および「2.11系」に複数の脆弱性が含まれていることが明らかとなったもの。

管理画面において、「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性「CVE-2018-0657」と、入力値の検証に不備により、任意のPHPコードが実行される脆弱性「CVE-2018-0658」が存在。

これら脆弱性は、組み合わせて悪用することが可能で、管理画面へログインしているユーザーに特定のURLへアクセスさせることで、PHPコードを実行させることが可能になるという。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの佐藤元氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告し、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。それぞれ脆弱性を修正したアップデートが提供されている。

(Security NEXT - 2018/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco UCS Director」など複数Cisco製品に深刻な脆弱性
「HTTP/2」の実装に複数脆弱性 - DoS攻撃手法が明らかに
「Bluetooth」に暗号化強度下げる「KNOB攻撃」が判明
「Apache Tomcat 9.0.24」が公開 - 「HTTP/2」向けに保護機能
「Apache HTTPD 2.4.41」がリリース - 「HTTP/2」関連など脆弱性6件を修正
スイッチ「Cisco Small Business 220」に複数の深刻な脆弱性
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
「Firefox」にマスターパスワード認証が回避されるおそれ - アップデートを実施
F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を
Adobe CC関連アプリに脆弱性 - 一部「クリティカル」も