Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバレス環境を提供する「Apache OpenWhisk」に脆弱性

サーバレス環境を提供する「Apache OpenWhisk」において、特定環境下でソースコードを上書きされ、実行されるおそれがある脆弱性が明らかとなった。

PureSecの研究者が2件の脆弱性「CVE-2018-11756」「CVE-2018-11757」について報告したもの。6月5日に「Apache OpenWhisk」の開発チームへ報告済みで、修正するコードが公開されている。

脆弱性を悪用することでリモートよりコンテナ内で実行する「action」のソースコードを上書きすることが可能で、同じコンテナ内で実行する環境に影響を及ぼし、情報漏洩や、異なるユーザーにおいて細工されたコードが実行される可能性があるという。

「Apache OpenWhisk」は、もともと「IBM Bluemix OpenWhisk」としてスタートしたオープンソースのプロジェクト。現在は、Apache管理下のプロジェクトとなっており、「IBM Cloud Functions」で採用されている。

(Security NEXT - 2018/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows版が影響受ける深刻な脆弱性を解消した「PHP」新版
VMwareのmacOS向け製品に権限昇格の脆弱性
「baserCMS」やプラグインにあわせて12件の脆弱性
脆弱性診断サービスを刷新、最短3日のプランも - PSC
「Firefox 78.0.2」が公開 - フレーム設定をバイパスできる脆弱性を修正
Citrix製品にあわせて11件の脆弱性 - アップデートが公開
「SD-WAN by VeloCloud」に脆弱性 - アップデートがリリース
F5「BIG-IP」の脆弱性狙う攻撃を国内で観測
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「PowerDNS Recursor」に脆弱性 - アップデートがリリース