Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産総研への不正アクセス、職員ID約8000件でPW試行 - 平日夕方から深夜に活動

産業技術総合研究所のシステムが、2017年10月から2018年2月にかけて不正アクセスを受けた問題で、産総研は被害状況の調査結果や再発防止策を公表した。

問題となる不正アクセスは、2017年10月27日から2018年2月10日にかけて行われたもの。

2月6日にシステム管理を行う職員が通常使用しない国内の大学のIPアドレスを発信元とするログイン履歴へ気が付き、同アドレスを含む国内外から41アカウントに対して不正アクセスが行われていることを発見、問題が発覚した。

産総研では、2月13日に事態を公表するとともに被害状況や再発防止策について調査を実施。業務システムは3月28日、インター ネット接続は4月1日に復旧済みとなっている。

20180723_sa_003.jpg
攻撃の流れ(画像:産総研)

(Security NEXT - 2018/07/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
不動産事業者の情報サイト、GWに改ざん被害
都教委の採用に関するサイトが改ざん - 外部サイトへ誘導