Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ルータ認証情報、約7割が初期設定のまま - 44%はファームウェア認知せず

ブラウザよりルータの管理ページへログインし、出荷時の初期設定から認証情報を変更したことがある国内のユーザーは約3割にとどまることがわかった。

7月にAvastが日本のコンシューマーを対象に調査を実施したもので、1032人が回答した。

同調査によると、回答者の37%がルータの管理ページにログインし、工場出荷時の認証情報を変更したことが1度もないと回答。ウェブ管理ページにログインしていたが、認証情報を変更していないとの回答も31%にのぼる。

44%はルータにファームウェアがあることを認識しておらず、管理ページにログインしたことがある回答者でも、43%はファームウェアをアップデートしたことがなかった。69%はルータの管理ページにログインし、アップデートを確認するのは年に1度かそれ以下と回答したという。

(Security NEXT - 2018/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
2020年1Qの脆弱性届け出は263件 - ウェブサイト関連が倍増
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加
「Goldfish Alpha作戦」でコインマイナー感染ルータが78%減
「Mirai」感染狙うIoT機器狙った11種類のアクセス - 12月より増加
家庭用IoT機器の7%が「telnet」や「FTP」など使用 - ルータは15%
2019年2Qの脆弱性届出は499件、ウェブサイト関連が6倍に
5月中旬から「TCP 37215番ポート」宛パケット増加 - 「Mirai」亜種か
5月末にトネリングによる「RDP」接続が急増
「SQLインジェクション」を多数観測 - CMSのDB狙う攻撃も