Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加

6月に国内で検出されたマルウェアは、前月から3割近く減少した。Windowsの「SMB」の脆弱性を悪用する攻撃も多数確認されたという。

ESET製品を取り扱うキヤノンITソリューションズが、6月の国内におけるマルウェアの検出動向を取りまとめたもの。

6月に国内でESET製品が検出したマルウェアは、前月比73%と大きく減少した。最多だったのは「VBA/TrojanDownloader.Agent」。検出したマルウェアの26%を占めている。「Visual Basicベース」のダウンローダーで、メールに「Wordファイル」や「Excelファイル」として添付され、拡散している。

JavaScriptベースのアドウェア「JS/Adware.Agent(5.9%)」やリダイレクトを行う「JS/Redirector(5.5%)」が続いた。また未知の不審なファイルも6%ほどを占めている。

また同社によると6月は、2017年3月にマイクロソフトが月例セキュリティ更新「MS17-010」で修正し、「WannaCrypt」でも悪用された脆弱性に対する攻撃を多数検知したという。

脆弱性を狙った攻撃は2017年10月ごろより徐々に増加。2018年は3月から4月前半にかけて一時減少も見られたが、以降は増加傾向が続いている。

20180713_ci_001.jpg
「MS17-010」を狙う攻撃の推移(グラフ:CITS)

また同月はワールドカップに関連した詐欺メールが流通した。オンラインロトによる当選金の獲得や無料招待を装ったケースが確認されており、同社では注意を呼びかけている。

ESET製品が6月に国内で検出したマルウェアは以下のとおり。

1位:VBA/TrojanDownloader.Agent
2位:Suspicious
3位:JS/Adware.Agent
4位:JS/Redirector
5位:JS/Mindspark
6位:JS/CoinMiner
7位:Win32/RealNetworks
8位:Win32/RiskWare.PEMalform
9位:Win32/FusionCore
10位:Win32/KingSoft

(Security NEXT - 2018/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Linux」や「FreeBSD」に脆弱性 - リモートよりDoS攻撃受けるおそれ
「VAIO」向けアップデートソフトに複数の脆弱性
リモートデスクトップ狙うアクセスが増加 - 広範囲のポートに探索行為
「Apache Tomcat」にリソース枯渇のおそれ - アップデートで修正
Apple、「AirMac」向けファームウェアを公開 - 脆弱性8件に対処
「Firefox」がわずか2日で再度アップデート - サンドボックス回避の脆弱性を修正
ゼロデイ攻撃発生中の脆弱性へ対処した「Firefox 67.0.3」がリリース
Android向け「Outlook」にXSS攻撃が可能となる脆弱性
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
「WebLogic」に深刻な脆弱性、リモートよりコード実行のおそれ - 4月の修正とは異なる脆弱性