Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック

ラックは、国内で観測したサイバー攻撃の脅威情報を提供するサービス「JLIST」を8月1日より開始する。

同サービスは、同社が観測した脅威に関する「ドメイン」「URL」「ハッシュ値」などの情報を、標的型攻撃やマルウェア対策に活用できるようセキュリティ製品向けに提供するもの。

国内において900超の組織に対して同社が提供するマネージメントサービスや、2500台以上のセンサー、マルウェア解析などで得られた日本特有の脅威情報などを提供。同社マネージドセキュリティサービスの利用者に限らず、セキュリティベンダー、サービスプロバイダー、販売代理店向けなどにも展開する。

サービス開始当初は、パロアルトネットワークスのファイアウォールに対応。順次対応製品を拡充していく。脅威情報の件数は製品の仕様などを踏まえてコントロールするとしており、パロアルト製品では4~5万件程度を予定している。

2018年後半に「McAfee Network Security Platform(NSP)」、2019年前半にはSplunkやAkamai Technologiesなどのサービスにも対応。中長期的には「STIX」による情報提供についても検討しており、TAXIIへ対応する予定。

価格は、製品1台あたり年間40万円から。3年後に売上3億円を目指すとしている。

20180718_la_001.jpg
同社以外のMSSサービスでも利用可能(図:ラック)

(Security NEXT - 2018/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー
ビルシステム向けセキュリティソリューション - NTTセキュリティら
組織に潜伏するマルウェアを発見する新サービス - PwC-CS
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など