Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スレーブの「BIND 9」、特定環境下で不具合 - 信頼できないゾーンの取扱時に影響

「BIND 9」をスレーブ環境で利用した際、ゾーンの更新履歴を記録するジャーナルファイルが破損し、サービス拒否が生じる不具合が存在することが明らかになった。信頼できるゾーンデータのみ扱っている限りはほとんど影響はないという。

ゾーン転送において極端に大きなゾーンデータを受け取った際の処理に不具合が明らかとなったもの。信頼できない相手よりゾーンデータを受け入れている場合には注意が必要だという。悪用は確認されていない。信頼できる相手のゾーンデータのみ扱っているのであれば、影響を受けることはないとしている。

Internet Systems Consortium(ISC)では、今後リリースする「BIND 9」で修正する予定で、あわせてゾーン内に設定可能なレコード数を制限するといった回避策をアナウンスしている。また日本レジストリサービス(JPRS)など関連機関が注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2018/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
「LLVM」の「Armバックエンド」でスタック保護が機能せず
「Drupal 8.7.4」に脆弱性 - 手動作業ともなう更新必要
「Windows Defenderアプリ制御」に脆弱性 - 定例外アップデートをリリース
DNSサーバ「Knot Resolver」に複数脆弱性 - 更新がリリース
Atlassian製PMツール「Jira Server」に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Chrome 75.0.3770.142」がリリース、脆弱性2件に対処
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
Mac向けZoom製ウェブ会議ソフトに脆弱性 - ウェブ閲覧でカメラ起動
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート