Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat/Reader」に51件の深刻な脆弱性 - あわせて100件以上を修正

Adobe Systemsは、WindowsおよびMac OS向けに「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」のアップデートを公開した。あわせて100件以上の脆弱性を修正している。

今回のアップデートは、各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせて公開したもの。同社は公開に先立ち、事前予告を行っており、修正した脆弱性はあわせて104件にのぼる。いずれも悪用は確認されていない。

3段階中もっとも重要度が高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされた脆弱性は51件。バッファオーバーフローや解放後のメモリへアクセスする「Use After Free」、域外メモリへの書き込み、型の取り違えなどの脆弱性で、悪用されるとリモートよりコードを実行されるおそれがある。また権限の昇格が生じるセキュリティ機能がバイパスされる脆弱性も含まれる。

さらに1段階低い「重要(Important)」とされる域外のメモリを読み込むことで情報漏洩が生じる脆弱性53件へ対処した。

20180711_as_002.jpg
影響を受ける製品(表:Adobe Systems)

(Security NEXT - 2018/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Workstation」などに深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
【訂正あり】「Oracle Database」にあらたな脆弱性、一部バージョンは7月のパッチで修正済み
「Samba」に5件の脆弱性 - 制御奪取や情報漏洩のおそれ
LinuxカーネルのIPフラグメント処理に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ
Intelチップに脆弱性「Foreshadow」 - クラウドVM間で情報漏洩のおそれも
VMware、脆弱性「Foreshadow」向けにパッチを用意 - 緩和策も
セキュリティアップデート「OpenSSL 1.1.0i」「同1.0.2p」がリリース
「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定