Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Acrobat/Reader」に複数の深刻な脆弱性 - 7月10日にアップデート予定

Adobe Systemsは、「Adobe Acrobat」および「Adobe Reader」に複数の深刻な脆弱性が存在するとして、セキュリティアップデートの準備を進めている。脆弱性の悪用は確認されていないという。

20180706_as_001.jpg
アップデートの事前予告を行ったAdobe Systems

各社が定例のセキュリティアップデートを公開するいわゆる「パッチチューズデー」の7月10日にあわせ、「Windows」および「Mac OS」向けにアップデートの準備を進めているもの。

適用優先度は、3段階中2番目にあたる「2」とレーティングしており、30日以内を目安にアップデートすることを推奨している。

(Security NEXT - 2018/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性68件を修正
「Java SE」の最新版がリリース - 脆弱性20件に対処
Oracle、定例アップデートで219件の脆弱性を修正
「Cisco Aironet」シリーズに複数の脆弱性 - 設定変更やDoSのおそれ
VMwareの「Harbor Container Registry for PCF」に深刻な脆弱性
WP向けグラフ作成プラグインにSQLiなど複数脆弱性
「sudo」に権限設定バイパスのおそれ - rootでコマンド実行可能に
Adobe、「AEM」「Download Manager」に脆弱性 - 定例外パッチ公開
「Adobe Acrobat」「Adobe Reader」の定例外更新 - まもなく公開予定