Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

石油産業における実在の攻撃を踏まえたボードゲーム形式の演習サービス

カスペルスキーは、重要インフラを狙うサイバー攻撃への対応を学習できるゲーム形式の演習サービス「Kaspersky Interactive Protection Simulation(KIPS)」のラインナップに「石油ガス版」を追加した。

同サービスは、サイバー攻撃を受けた企業や組織における運用上のリスクや有効な対策について、ゲーム形式で学習する演習サービス。価格は年間ライセンスで324万円。

参加者はグループごとに、条件や指示が書かれたカードと決められた予算、作業時間を使ってインシデントに対応し、定められた期間内での生産高を競う。プレイ時間は約2時間で、ゲーム終了後は、攻撃者のシナリオと各グループの対応を比較することで、適切な対策や発生したインシデントについて理解を深める。

これまで、浄水場や発電所、一般企業、自治体、銀行などを想定したシナリオを提供してきたが、今回あらたに石油ガス版を追加。石油や天然ガスにおける輸送部分にフォーカスし、原油を供給する企業の送油システムを再現。実在するサイバー攻撃の手口も踏まえたシナリオを用意した。

20180709_kl_001.jpg
KIPSのゲームボード(画像:カスペルスキー)

(Security NEXT - 2018/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール
カードゲーム「セキュ狼」がスマホアプリに - JNSAと学生が共同開発
小中学生向けウェブ検定サービスの2019年度版 - カスペと静岡大
ゲーム形式のサイバー攻撃演習に「GDPR版」 - カスペ
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
インシデント対応学習ボードゲームにラインアップ追加
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習サービスに「銀行版」 - カスペ
病院のインシデント対応を疑似体験できるシュミレーションゲーム