Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイア・アイのCTOに伊東寛氏が就任

20180704_fe_001.jpg
伊東寛氏

FireEyeは、7月1日付けで日本法人の最高技術責任者(CTO)に伊東寛氏が就任したと発表した。

同氏は陸上自衛隊で初のサイバー戦部隊であるシステム防護隊の初代隊長を務めたほか、技術、情報およびシステム関係の部隊指揮官や幕僚などを歴任。

2007年以降は、シマンテック総合研究所の主席アナリストや、ラックのナショナルセキュリティ研究所所長を務め、2016年5月から2018年5月までは経済産業省において、サイバーセキュリティ・情報化審議官を務めた。

(Security NEXT - 2018/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米朝首脳会談の影響で韓国に対する攻撃が増加 - 周辺国関連組織が関与か
ファイア・アイ、アカデミックパッケージを刷新 - 全製品を対象に
ファイア・アイ、中小企業向けに運用保守まで含めたパッケージ
日本IBM、SIEM製品のパートナーを拡充
ファイア・アイ、エンドポイント製品をクラウドや仮想アプライアンスで提供
ファイア・アイ、疑似攻撃による評価サービス - IoT機器などにも対応
ファイア・アイ、アカデミック版を期間限定で提供
日本IBM、国内5社向けにSIEMのAPIを公開
セキュリティ侵害発覚まで平均520日 - 狙いは役員の「メール」
サンドボックス回避する「Locky」登場 - 攻撃の半数近くが日本対象