Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町

愛知県東浦町は、町議会の議案をウェブサイトで公開した際、個人情報が閲覧できる状態で公開していたことを明らかにした。

同町によれば、3月2日に同町サイトで公開した町議会議案のPDFファイルについて、2人の氏名と住所が閲覧可能な状態だったもの。6月1日、職員がサイトの閲覧中に気付き、問題のファイルを削除した。

同町では2012年以降、議案に個人情報が含まれる場合、個人を特定できないよう氏名や住所を加工したうえでサイトに掲載しているが、加工前のファイルを誤って公開してしまったという。

期間中公開ページには、129件のアクセスがあったが、ファイルに対するアクセス件数は不明だという。同町では、個人情報が掲載されていた2人に謝罪を行った。

(Security NEXT - 2018/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
一般閲覧用の公開資料に個人情報 - 東京都港区
委託先が顧客データのバックアップを誤って公開設定 - ヘルスケア事業者
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
愛知県、新型コロ患者情報の誤掲載で賠償金 - 1人あたり最大4万円
「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に
NAS管理サービスのテストサーバに不正アクセス - アイ・オー・データ
愛知県、新型コロナ患者の非公開情報を誤掲載 - 氏名や入院医療機関など
非公開とすべき個人情報含む行政文書を誤公開 - 新潟県
意図せず会員名簿を公開、検索エンジンにも - 日本視能訓練士協会