Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町

兵庫県多可町は、不正に取得したIDとパスワードを使って、庁内のメールシステムや事務システムにログインし、メールを不正に閲覧した職員に対し、懲戒処分を行った。

同町によれば、同職員は2017年6月から2018年5月にかけて、複数職員のIDとパスワードを不正に取得。庁内で運用しているグループウェアにログインし、メールなどを不正に閲覧していた。また上長や部下に対して暴言などもあったという。

同町では問題の職員について公務員としての適格性を欠くと判断。6月13日付けで減給10分の1、3カ月の懲戒処分を実施した。また管理監督者責任として、前所属課長と現在の所属課長に対し、口頭による厳重注意を行っている。

なお、同町では今回の不正アクセスにおいて、住民の個人情報や入札関連情報などへのアクセスについては否定している。

(Security NEXT - 2018/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
金融庁、仮想通貨取引事業者7社に行政処分 - 2社には業務停止命令も
金融庁、コインチェックに業務改善命令 - 顧客対応や原因調査が不十分
特定電子メール法違反で行政処分 - 杉並区のウェブ運営会社に
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」公開 - パブコメに192件の意見
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
セキュリティ規程違反で職員を懲戒処分 - 理研
関東財務局、顧客情報流出でM2Jに行政処分 - 新規口座開設を当面停止
政府、指針改正で対策を怠った情報流出も懲戒処分対象に