Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICT、脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」を発表

情報通信研究機構(NICT)は、脆弱性スキャナとの連携により脆弱性を管理できるプラットフォーム「NIRVANA改弐」を発表した。

20180611_ni_003.jpg
画像上は脆弱性の検知画面。また重大度や個数など表示するほか、詳細情報へアクセスすることもできる(画像:NICT)

同機構では、組織内のネットワークをリアルタイムに観測し、各種セキュリティ機器からのアラートを集約してサイバー攻撃の状況を可視化できる統合分析プラットフォーム「NIRVANA改」を開発しているが、あらたに脆弱性管理プラットフォームとして「NIRVANA改弐」を開発したもの。

同製品では、フューチャーが開発する国産のオープンソース脆弱性スキャナ「Vuls」と連動。サーバに対する脆弱性スキャンの結果を可視化できる。さらに影響が広範囲に及ぶ脆弱性が判明した際、「NIRVANA改弐」により自動で対処を行うアクチュエーション機能を用いて組織内部のネットワークをスキャンし、脆弱性が含まれるサーバを把握することが可能。

今後は、脆弱性管理の共通プラットフォームを目指し、さまざまな脆弱性スキャナとの連携を進めていく予定だという。

(Security NEXT - 2018/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT機器メーカー向けのPSIRT支援サービス - NRIセキュア
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
脆弱性緩和ツール「EMET」、2018年7月31日にサポート終了予定
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始