Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も

気になる選手の名前を検索エンジンで検索する場合も気を抜けない。検索結果から悪意あるサイトへ誘導されるケースもあるためだ。

前回のワールドカップにおいて、もっとも検索結果が危険だとされたクリスティアーノロナウド選手の場合、検索結果の3.8%が、マルウェアやスパム、フィッシングなどの危険が潜むサイトだった。

またリオネルメッシ選手は3.7%、日本人選手で最もリスクが高かった香川真司選手は、検索結果の1.6%が危険なサイトだったという。スクリーンセーバーのダウンロードや、動画配信を装っているケースも多く、「無料ダウンロード」といった文言で誘導することも多い。

またサッカーゲームのライセンスコードを作成できるなどとだますアドウェア「ADW_INSTALLREX」も、検索エンジン上で拡散が確認されている。

(Security NEXT - 2018/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラグビーW杯の便乗詐欺サイトに注意 - 「無料ライブ配信」で誘惑
「東京五輪の無料チケット」で誘うメールに要警戒 - 攻撃計画が進行中
富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
チケット購入確認ページに他人の購入情報を表示 - ローソンHMV
セキュリティ市場、2020年までは堅調 - 反動から2021年に軟化
注目事件へ便乗するマルウェアメールに注意を - 「WannaCrypt」騒ぎにも便乗か